きたる1月6日(日)の午前中、

月と太陽との位置関係から

おこります部分日食が 日本でも

全国的にみられます。

国立天文台からの予想情報に

よりますと、8:40ほどからはじまり、

11:45ほどまでのあいだ、面積にして

約1/4程度の食(天体表面の欠け)現象が

観察できるそうです。当日、

当尾鷲市立天文科学館でも

81cm大望遠鏡はもちろん、

館内にて数十枚ほど所有して

おります太陽グラスをもちいまして

屋上解放による特別観望会、


「部分日食」


を 日食予定時間のあいだ、開催

させていただく予定です。もちろん、

学校の授業で作ったもの、また

ご自宅で所有されている太陽グラスの

持ち込み使用なども大歓迎! 当日の

好天を期待しつつ、お気軽に

ご来館いただけますよう

どうぞよろしくお願いいたします……。




こちらの画像クリックで「天文科学館総合ホーム」のページに♪



ご注意を!





太陽を直接みる、保護機能のないグラス類で太陽を観察する、専用保護具を装備させていない光学機器で太陽をみるなどの行為は失明につながるおそれがあります。かならず! 太陽の観察には専用の保護具を「使用する、使用させる」の周知と徹底をお願いいたします。



詳細ページ
https://www.city.owase.lg.jp/contents_detail.php?co=new&frmId=16261


尾鷲市役所
https://www.city.owase.lg.jp/?g
owase3