東紀州の特産品や食材の魅力を知っていただくための料理教室です。今年度第6回目の教室で取り上げる食材は、熊野灘沿岸でとれるブリです。
越冬や産卵のために南下するブリは寒ブリと呼ばれ、程よく脂がのり、四季の中で一番美味しいと言われています。熊野灘沿岸では冬から春先にかけて、この寒ブリ漁が盛んです。また、尾鷲市は全国有数のブリの漁場で、ブリは市指定の魚としても親しまれています。
今回はこの熊野灘沿岸の定置網で漁獲される天然のブリを丸ごと使った、冬にぴったりのレシピをご紹介します。また、その調理法を学んでいただきます。
講師は、相可高校食物調理科の村林新吾先生と、同校調理クラブの生徒さんたちです。料理が苦手な方や初めて参加される方でも、料理を通じて交流を深めていただけます。
1
開催日時:平成29年3月12日(日)午前10時~午後1時
参加費:2,000円
募集人数:24名※要事前申込・応募者多数の場合は抽選
講師:村林新吾さん(相可高校教諭)、調理クラブのみなさん(相可高校生徒)
場所:熊野古道センター体験学習室
受付期間:2月12日(木)~3月5日(日)午後5時まで
持ち物:エプロン・三角巾・ハンカチ・筆記用具


お問合せ
三重県立熊野古道センター
1
〒519-3625尾鷲市大字向井12-4
http://www.kumanokodocenter.com/
TEL:0597-25-2666
FAX:0597-25-2667
E-mail:info@kumanokodocenter.com
詳細記事
http://www.kumanokodocenter.com/event/taiken/170312_1ryourikyousitu.html