尾鷲湾の湾頭にある佐波留(さばる)島は、県指定の史跡名勝記念物となっています。尾鷲市の行野浦から1km弱の距離に位置し、広さは4.65haで島全域が暖帯性の常緑樹林に覆われています。また「アオサギ、ゴイサギ、クロサギ、シロサギ等」のサギ類が数多く生息し、日本最大級のコロニーを形成しています。
sabaru
この佐波留島ですが、その見た目からユニークな別名があります。
かの「ムーミン」が仰向けに寝ているように見えることから、「ムーミン島」とも呼ばれています。
いろいろな価値がある島ですが、尾鷲湾の癒しとなっています。
72475cd2
あなたも尾鷲まで癒しの「ムーミン島」を見にきませんか?


10561651_676230362508808_1721475654885041142_n
尾鷲市役所市民サービス課では、この「ムーミン島」をモチーフとしたペン立てを使用しています!


尾鷲市役所
https://www.city.owase.lg.jp/
尾鷲市の文化財
http://www.city.owase.lg.jp/contents_detail.php?frmId=10239