毎日暑いですね!
ここ東紀州も、連日暑い暑い真夏日が続いています。
梅雨が明けても、この地方の夏は、雨とは切っても切り離せない関係です。
なかでも、全国屈指の降水量で有名な尾鷲市では、憂鬱になりがちな雨の日を楽しく過ごす工夫もさまざま。
「尾鷲」という名前を聞いた時、「あっ、あの雨の多い所ね」と思う人も多いのではないでしょうか?
全体的な降雨日数自体は、他の地域と変わらないということですが、とにかく雨の粒が大きく、降水量が多いのが、この地域の特徴。


今日ご紹介するのは、そんな雨の日が思わず待ち遠しくなってしまうような、素敵なレイングッズを扱っているお店です。

尾鷲市朝日町、JR尾鷲駅から徒歩15分程の場所にある、「レインショップ OWASEYA」。(※「CONCEPT」店内)

P1060840



店内に入ると、そこは、お洒落な空間が広がるシックなブティック

P1060830

P1060831



その店内の一画で、オーナーが厳選したレイングッズを販売しています。
傘に、レインシューズ、レインブーツ、雨の日専用のバッグまで。
大人の女性にぴったりのシックで上品な傘から、カラフルで楽しい柄の傘まで、目移りしそうな傘の数々がずらり


P1060834

P1060808

P1060807

P1060833



「OWASEYA」が選び抜いた良質の傘の証は、このロゴマーク


P1060819



実はこれ、あの人気キャラクター「しまじろう」の生みの親がデザインしたロゴなんです
「OWASEYA」自慢のこのロゴマークの他にも、お店オリジナル商品には、こだわりのタグもついています。


P1060828



尾鷲の雨と傘をイメージしたデザインが素敵ですね


こちらの傘は、骨の数がなんと16本!
尾鷲の強い雨風にも耐えうる強靭なつくりになっています。


P1060802

P1060799

P1060835



がっしりとしたイメージですが、持ってみると、案外軽いんですよ
一般的な骨数の雨傘と、重さは変わりません。


P1060817



「OWASEYA」オリジナルのレインバッグがこちら。


P1060809

P1060805



素材に気を遣い、生み出したバックで、防水性に優れています。
「中に水を入れても漏れないくらい」と、お店のオーナー・国本さん。


また、店内には数々のレインシューズ

P1060824

P1060820



ヒールがあるデザインのお洒落な靴も


P1060823



こんな綺麗な靴なら、雨の日じゃなくても履きたい…
と思った私に、国本さんも、「雨が上がっても履いてもらえるような靴を置いているんですよ」との言葉
そうそう、雨が降っている時は長靴でも、雨が上がった後に履きかえるのはちょっと残念ですよね。
可愛いデザインのレインシューズで、雨の日も、雨が上がった後も楽しく歩きたいものです


また、現在は販売していないそうですが、お店オリジナルの商品として人気の高かった和風の雨傘も見せてもらいました。
柄や持ち手部分など、凝ったディテールの和風な傘


P1060811

P1060812



また復活しないかな~と、期待してしまいますね

また、今は残念ながらお店には置かれていなかったのですが、オーダーメイドのレインコートも取り扱っているのだとか。
ドット柄など、普通のコートと変わらないデザインと可愛い柄で、女性に大人気なのだそう

もちろん、店内には男性の方によく似合う傘などもあります。

P1060803



「良い傘だと長持ちしますか?」
「それは、やっぱり持つ人の使い方次第やね」



使い方次第、心がけ次第。
でも、こんな素敵な傘なら、大事に使おうと思うのでは…?


お店のコンセプトは、 「雨の日でもお洒落に」
気分が沈みがちな雨の日も、いつもと変わらず「何を着ていこう?」「何を履いていこう?」と楽しみながら小物を選んで明るく過ごしてほしいという、オーナーの思いが込められています。




ここ尾鷲市をはじめとする東紀州では、昔から、豊富な雨が地域に多くの恵みをもたらしてきました。
雨と共存し、雨の日を楽しむ…そんな風にずっと暮らしてきた雨の町。
可愛い傘や素敵なレイングッズで、雨の町・尾鷲をゆったりと歩いてみませんか?


P1060806





☆お問い合わせは…☆
「レインショップ OWASEYA」
三重県尾鷲市朝日町15-18 CONCEPT内
電話 0597-22-7741
「OWASEYA」公式ホームページへはこちらからどうぞ!
お店へのアクセス(地図)は、こちらをご参照ください